七首大蛇のおはなし
「ぎゃぁ・・・・」大蛇の目に矢が刺さり、大蛇は目が見えなくなった。

そこへ、手先の器用な信光が、からみあって動けない七つの首を、仕掛けた罠で締め上げてしまった。
「とどめをさせー」完全に身動きがとれなくなった大蛇の首を、光氏親子が次々と落としていった。
こうして、池子村を苦しめた七首大蛇は、六勇士が見事退治しました。
村の人たちは、二度とこの様な大蛇が出ぬよう六勇士をたたえ「浦郷庄の小池」のほとりに、六社大明神を祀りお参りしたそうです。

七首大蛇のおはなし

絵: 諸星 祐一 (青年部員)

お  わ  り


[前のページへ]

back