さくらやまちゅうおうこうえん     だいやまりょくち 
  桜 山 中 央 公 園 ・ 台 山 緑 地
桜と街づくり 
逗子市では商工会・行政・市民が一体となって桜による街づくりを進めています。

花咲(HANASAKA)計画
「桜山を桜の花でいっぱいにしよう」と商工会青年部が中心となり、平成元年より逗子市桜山に桜の木を植樹しています。
 六代御前上、蘆花記念公園、郷土資料館(ゆっくり探索1・2)そして桜山中央公園、台山緑地にそめいよしの、寒桜、ふげん桜、冬桜、十月桜、しだれ桜、寒ひ桜、ぼたん桜等を植樹し維持管理を行っています。
逗子病院前から逗葉高校前までの桜並木 桜山中央公園上部広場の桜
桜山中央公園下部広場の桜 台山緑地の桜
特産品の開発
平成10年度から逗子市商工会地域資源開発委員会では逗子市の新しい特産品のテーマを
『桜』と定め、桜をモチーフにした様々な物品の開発が進められています。
さくら弁当、さくらずし(鯛の押し寿司)、さくら豆腐の他、和・洋菓子も作られ逗子の名物として定着しつつあります。お花見の時には是非ご利用ください。

 お問い合わせ 花咲計画推進協議会 ・ 逗子市商工会  TEL046−873−2774


ハイキングコース行程地図観蔵院生きながら仏になった(入定様)
桜山・沼間丘陵の遺跡・持田遺跡 |桜山中央公園・台山緑地 |花見の起源さくらの花