第2号墳
  展望台に上がって西を眺めてください。逗子湾、大崎岬、江の島、そして富士山が見えます。次に視線を右に向け、樹木の間にある逗子湾の海岸線、そして当時の集落の様子をイメージしてください。今、桜山〜沼間〜池子と続くところには弥生時代から古墳時代にかけて、地蔵山遺跡、持田(もった)遺跡、沼間台遺跡と続き、さらに対面には池子遺跡群が大きく広がっています。この古墳の主、これらのどこかに住んでいたのでしょうか。
 平成11年6月試掘調査 試掘溝2本、側面の葺石とその間で壷形埴輪片を発見。
全長:約85〜90mの前方後円墳、向き:東⇒西、時代:4世紀後半
逗子ゆっくり探索1 古代ロマンコース 長柄・桜山古墳 第2号墳概略図 逗子zushi 葉山 hayama 神奈川 kanagawa 関東 kanntou
トレンチ(試掘溝)1号(幅1.5m×長さ20m) 2号(幅1.5m×15m)
深さ30cm程で、葺石が出土し、石の間に土器片があった。
 2000年4月4日〜5月11日 (財)かながわ考古学財団の調査で全長判明
            5月14日 現地説明会
 
第2号墳への入口 前方部に立った案内板
第2号墳への入口 前方部に立った案内板
展望台からのすばらしい眺望 1999年6月 展望台からのすばらしい眺望 2000年1月
展望台からのすばらしい眺望 1999年6月                    2000年1月
展望台から後円部を見る  1999年6月 古墳の上にハイキングコース 1999年6月
展望台から後円部を見る  1999年6月 古墳の上にハイキングコース 1999年6月
矢印赤下向き 矢印赤下向き
下草刈後、後円部の丸みが  2000年3月 下草刈後のハイキングコース 2000年3月
下草刈後、後円部の丸みが  2000年3月 下草刈後のハイキングコース 2000年3月

古代ロマンコース 長柄・桜山古墳 トップページへ


コース一覧に戻る

| ハイキングコース行程 | 地図 | 発見の経緯と今後の取り組み |
 | 古墳時代を理解しよう | ご 注 意 | 第1号墳 | 第2号墳 |