発見の経緯と今後の取り組み
1. 平成11年3月、葉桜住宅付近の丘陵上において、携帯電話中継所建設工事に伴
  う山林伐採が行なわれているのを、同住宅地に住む考古学愛好者の東家洋之助
  (とうや ようのすけ)さんが、見つけて、整地されたところで埴輪片(はにわへん)を
  採集し、横須賀市博物館の大塚真正弘(おおつかまさひろ)先生の指導で逗子市教
  育委員会に前方後円墳があることを通報しました。
   東家さんは平成6年頃から前方後円墳であると確信していたが、決め手になるも
  のを探し続けていて埴輪片の発見に至ったものです。
   2号墳はその後、逗子市教育委員会の報告が基で県が試掘調査して前方後円墳
  と認定されました。
2. 今後も神奈川県、逗子市、葉山町が共同して国の史跡指定を目指して、種々の調
  査、準備が行われますので、住民、同好者としても、この動きに協力する体制が必
  要と思われます。 
   また、古墳は古代の人の「お墓」である故、散策する時にも、被葬者への礼儀も必
  要です。

ひとくちメモ
 埴輪の発生についてはいろいろな説はありますが、先ず円筒型(えんとうがた)埴輪・朝顔(あさがお)型埴輪・いろいろな形象(けいしょう)埴輪などが作られ、古墳を立派に見せるために古墳の墳丘(ふんきゅう)や段築(だんちく)の周りを飾り立てた物です。2号墳の調査では壷形(つぼがた)埴輪(推定で高さ80cm、直径60cm)片が出土しています。

壷型埴輪はこんな形です。 2号墳の葺石(1999年6月試掘)
壷型埴輪はこんな形です。 2号墳の葺石(1999年6月試掘)

ひとくちメモ
 葺石(ふきいし)は外観を美しく立派に、また形が崩れないよう古墳の表面に石を敷き詰めたものです。長柄・桜山古墳の2号墳には三浦半島特有の鎌倉石を砕いて使ったようです。2号墳の後円部をよく見ると露出しているのが分かります。

葺石で復元されるとこんな形?  森将軍塚古墳(長野県更埴市) [写真提供 更埴市教育委員会]
葺石で復元されるとこんな形?
森将軍塚古墳(長野県更埴市)
[写真提供 更埴市教育委員会]

古代ロマンコース 長柄・桜山古墳 トップページへ


コース一覧に戻る

| ハイキングコース行程 | 地図 | 発見の経緯と今後の取り組み |
 | 古墳時代を理解しよう | ご 注 意 | 第1号墳 | 第2号墳 |