浪子不動と高養寺
 今から600年以上も昔のこと、披露山あたりの山から毎晩ふしぎな光がさすようになり、それまでたくさんとれていた魚がとれなくなってしまいました。鎌倉の補陀落寺(ふだらくじ)の頼基法印(らいきほういん)というお坊さんが人々のなげきを聞き、そのあたりを調べると、岩のほらあなの中に石の不動尊を発見しました。村人が大切に祭ったところ、また魚がとれるようになったという話が残っています。
 この祠(ほこら)は、小坪の船を暴風雨から守ったところから「浪切不動」とか、後ろに滝があるので「白滝不動(しらたきふどう)」とか呼ばれ、漁村の信仰を集めるようになりました。そして徳富蘆花の小説「不如帰(ほととぎす)」がここを舞台にしていたので主人公の「浪子」にあやかり、今では「浪子不動」と呼ばれるようになりました。
文学コース ほととぎす 浪子不動・高養寺  高養寺という名は、寺の建物を作るのを援助した政治家、橋是清(たかはし これきよ)・犬毅(いぬかい つよし)の名をとってつけられたものです。また、お堂のそばには重要文化財指定を受けている石造りの五輪塔がありましたが、現在は東昌寺(とうしょうじ)に移されています。
浪子不動・高養寺
 昭和8年(1933)、お堂の前に海中に蘆花の兄、蘇峯の筆による「不如帰」の碑が建てられました。この碑に使われた石材は大崎の先にころがっていた鍋島石(なべしまいし)です。江戸城を築くために九州鍋島藩が伊豆から運んできた石垣用の石が、船の難破で大崎の海に落ちたと言い伝えられていたものです。 文学コース ほととぎす 不如帰の碑
「不如帰」の碑
ひとくちメモ
 普段は海中にある石碑ですが、5月の大潮の時などには、ずっと沖まで磯が現れます。
もちろん石碑のそばにいくことができますが、ヤドカリやカニと磯遊びもたのしいですよ。

 戦後、ラジオ歌謡として大ヒットし、いまなお愛唱されている「さくら貝の歌」は昭和14年頃にこの逗子海岸でつくられました。
文学コース ほととぎす さくら貝の歌碑  逗子の在住の作詞家土屋清(つちや きよし)(花情かじょう)は、成就しなかった切なく苦しい初恋の思い出を胸に砂浜を散歩する中でこの詩が生まれました。作曲家八洲秀章(やしま ひであき)は、この詩に共感し美しいメロディーを書き上げました。
 「わが恋の如く悲しや さくら貝 かたひらのみ さみしくありて」八洲も自身の悲恋に終わった初恋をさくら貝に託していたのでした。
 今でもこの海岸でさくら貝を見つけることができます。 
さくら貝の歌碑

文学コース ほととぎす トップページへ

コース一覧に戻る
ハイキングコース行程地図明治の文人たちと柳屋逗子海岸のむかし
|浪子不動と高養寺|郷土資料館・蘆花記念公園