経営サポート>>貿易証明関係書類

||発行申請フローチャート|| ||必要書類|| ||有効期間|| ||更新・変更|| ||貿易証明書の種類|| ||手数料||

 平塚商工会議所では、貨物の原産地の真実性を証明する原産地証明等の貿易関係証明を発給しています。(平成11年10月1日に日本商工会議所が定めた全国統一の認証規程・罰則規程にもとづき発給をしています。)原産地証明をはじめとする貿易関係証明を申請する法人・個人事業者(以降「申請者」)は、予め「貿易関係証明申請者登録」の手続きを取ることが必要となります。この手続きは、商工会議所の会員・非会員を問わず、全ての申請者に必要です。

窓口について
 平塚商工会議所 工業支援課
≪ 申請受付時間≫ 平日午前8時30分〜午後5時(土・日曜・祝日は除く)
・午前8時30分〜午前11時までの申請は、原則同日午後1時発給
・午前11時〜午後4時までの申請は、原則翌営業日午前9時発給
・午後4時〜午後5時の申請は、原則翌営業日午後1時発給
※提出書類に不備がある場合は、再申請を依頼することがあります。

  登録および証明書の発行申請フローチャート
 

貿易関係証明申請者登録について  
 「商工会議所原産地証明書等貿易関係書類認証規程」「商工会議所貿易関係罰則規程」を詳細までご確認のうえで、下記の必要書類・典拠書類を揃えて、窓口で登録の手続きをしてください。

登録の手続きに必要な書類  ▲ページの先頭へ
1)誓約書 誓約書(申請者・代行業者)の記載要領
2)業態内容届 業態内容届(登録台帳)の記載要領
3)署名届 署名届(登録台帳)の記載要領
※1)〜3)は当会議所に所定の用紙がございます。
4)その他必要となるもの(下記参照)
 ☆ 法人の場合 上記1)〜3)に加えて
・登記事項証明書(履歴事項全部証明書) 3ヶ月以内に発行された原本
・印鑑証明書 法人名義で3ヶ月以内に発行された原本
・営業拠点が平塚市内にない場合は、登記上本支店所在地区の商工会議所(商工会)の会員証明書が必要です。
・代表者・署名者(サイナー)が外国人の場合(但し日本に居住していること)、在留資格や在留期限確認のため、次の何れかの書類が必要です。入国管理法に抵触する場合には、登録をお断りすることがあります。
 〇在留カード(特別永住者の方は「特別永住者証明書」)のコピー
 〇パスポート(氏名、在留資格、在留期限の記載頁)のコピー
 〇住民票(国籍・地域・在留資格・在留期限(満了日)が記載され3カ月以内に発行された原本)
※住民票に国籍・地域・在留資格・在留期限(満了日)が記載されていれば、在留カード やパスポートのコピーは提出不要です。
・中古品を取り扱う場合は、法人名義での公安委員会が発行した古物商許可証が必要
・その他(会社概要パンフレット、取扱商品カタログ、etc)
 ☆ 個人の場合 上記1)〜3)に加えて
・住民票 3カ月以内に発行された原本
・印鑑証明書 個人名義で3カ月以内に発行された原本
・新規登録の場合は、個人事業者であることの書類が必要です。
 〇「開業届」(税務署に提出したもの)のコピー 
 〇直近の「納税証明書(事業税)」のコピー
・営業拠点が平塚市内にない場合は、登記上本支店所在地区の商工会議所(商工会)の会員証明書が必要です。
・代表者・署名者(サイナー)が外国人の場合(但し日本に居住していること)、在留資格や在留期限確認のため、次の何れかの書類が必要です。入国管理法に抵触する場合には、登録をお断りすることがあります。
 〇在留カード(特別永住者の方は「特別永住者証明書」)のコピー
 〇パスポート(氏名、在留資格、在留期限の記載頁)のコピー
 〇住民票(国籍・地域・在留資格・在留期限(満了日)が記載され3カ月以内に発行された 原本)
※住民票に国籍・地域・在留資格・在留期限(満了日)が記載されていれば、在留カードやパスポートのコピーは提出不要です。
・中古品を取り扱う場合は、個人名義での公安委員会が発行した古物商許可証が必要です。

登録有効期間  ▲ページの先頭へ
 有効期限は登録手続を完了した日から2年間です。

登録の更新手続  ▲ページの先頭へ
 会員、非会員・地区外登録者の区別を問わず、新規登録の場合と同じ手続きが必要です。
*有効期限切れの場合は、証明の申請はできません。
*有効期限前の更新の場合、有効期限は更新手続きを完了した日から2年間となります。
(以前に登録された署名は更新手続時、全て末梢となりますので改めて登録してください。)

登録内容の変更および署名者(サイナー)の追加・変更・削除 ▲ページの先頭へ
1.会社名、代表者名、所在地、社印、代表社印等の変更の場合
添付いただく書類がございますので、窓口までお問い合わせください。
2.登録署名者(サイナー)の追加・削除、登録署名の形状変更、役職変更の場合
所定の「貿易関係証明申請者の署名変更届」を窓口にご提出ください。「署名変更届」
には、誓約書と同じ社印・代表社印を必ず押してください。
「署名変更届」は窓口でご請求ください。
※追加登録された署名の有効期限は、法人・個人事業者の登録期限と同じです。追加登録されてから2年ではありません。

貿易証明書の種類  ▲ページの先頭へ
原産地証明(日本産)
 原産地とは貿易取引される商品の国籍のことです。すなわち、原産地証明書とは「貿易取引きされる商品の国籍を証明する書類」のことです。主に(1)輸入国の法律・規則に基づき輸入通関の際に必要とされている、(2)契約書、信用状(L/C)の指示で必要とされた時に提出を求められます。
◇申請方法
原産地証明書は原則として船積み前に申請してください。
申請の際には以下の書類をそろえてご提出ください。
@証明申請書
A原産地証明書 必要部数(原則1件につき5枚以内)
B原産地証明書 商工会議所控え1部(フォトコピー不可)
C典拠書類
商業インボイス(商工会議所へ登録済みの署名者(サイナー)の肉筆サイン入り)
外国産商品の場合、別途典拠書類が必要になりますので、ご了承ください。
インボイス証明
 商業インボイスをはじめとする各種インボイスや船積関連書類などが、その発行者により正規に作成され、商工会議所に提示されたという事実を証明するもので、内容には一切関与しないものです。
サイン証明
 申請者が書類上に肉筆で自署したサインが商工会議所に登録されているものと同一であることを証明することにより、その書類が正規に作成されたものであることを間接的に証明するものです。
その他の証明
会員証明(商工会議所の会員であることを証明するもの)
平塚商工会議所の会員であることを証明するものです。証明発給の前提として、平塚商工会議所の会員であることと貿易関係証明申請者登録をしていることが必要です。「
日本法人証明(日本に登記された法人であることを証明するもの)
 日本に登記された法人であることを証明するものです。証明発給の前提として、平塚商工会議所の貿易関係証明申請者登録をしていることが必要です。

 
手数料  ▲ページの先頭へ
 
種類 料金(消費税込) 備考 
登録料 〇会員・・・無料
〇非会員・・・6,480円
新規登録・再登録・更新(2年ごと)
証明手数料 〇会員・・・1,080円
〇非会員・・・2,160円 
1件当たり5部まで
(その内他に会議所控え分1部が必要です。)
原産地証明用紙 162円/1セット  10枚/1セット 
申請事務マニュアル  〇1冊・・・無料
〇2冊目以降・・・432円
認証規程や申請方法などの事項が記載されています
  ※証明申請書にご記入の上、1件あたりの必要部数と、当所の控え1部を提出してください。
※1件あたりの金額で取得できる通数は、平塚商工会議所の控え1部を含む計6部以内とし、これを  超えた場合は5部を1単為として1件分の証明手数料を追加します。
※申請者登録の有効期間中に非会員から会員になった場合は、その時点から会員料金の証明手数  料を適用します。

 ※商工会議所貿易証明に関してさらに詳しく知りたい場合は  
  日本商工会議所の貿易関係証明サイトをご覧下さい。
 [本件担当]平塚商工会議所・経営支援課 рO463−22−2511 Fax0463−24−0079
▲ トップページへ ▲ページの先頭へ