■ふるさとひろば協力事業 防犯アピール活動
日時:平成21年10月11日(日)
場所:葉山町役場
担当:総務研修委員会・情報委員会

□主旨
葉山で毎年開催されている、ふるさとひろばで子供たちの楽しめる場の提供、
また、青年部が葉山町内で推進する防犯活動のアピールを行います。

ゲームコーナーでは「ヨーヨー」「型抜き」「キックボーリング」を行い、同じ並びに「防犯コーナー」を作り子供たちにクイズ形式でその内容を説明しました。
天気も良く、多くの来場者がイベントに訪れました。青年部のブースも多くの子供たちが来て大変賑わいました。
地域の子供たちとのふれあい、また日頃の防犯活動に対するアピールもできました。
画像1画像2



■ビッグハヤママーケット
日時:平成21年10月25日(日)
場所:森戸神社境内
担当:発展交流委員会
出席者:22名

□主旨
毎年恒例となっているビッグハヤママーケットに参加して、町民の方々や子供たち、また商工会員のみなさんとの交流を図ると共に、我々青年部の活動、活気等をアピールする事。
草津町の青年部を招いて、一緒に出店する事で姉妹都市の交流をより深いものとする。
以上2点を主旨として行いました。

縁日コーナーでは、金魚すくい、ヨーヨーすくい、カタヌキ、わなげ、くじを境内で、またポニー2頭を海岸に呼んで、乗馬体験とえさやり体験を主に子供たちを対象に行いました。
当日は、あいにくの雨で来場者も少なく、昼ごろには雨はあがったものの、インフルエンザの流行なども作用して、一日を通して子供たちの姿は少なかったと思います。よって我々のブースは、例年ほど忙しくはなかったのが残念でした。また、今年正式に依頼された、海岸の駐車場でスタックした車の救出は、砂浜がやわらかく、スタック車が続出。常に5〜6人が付いているという状態が1日続きました。
夜は草津の青年部のみなさんとの親睦会で楽しく今後の姉妹都市関係などについて話し合いました。

画像1image画像2
 



■11月例会 葉山特産品販売PR事業
日時:平成21年11月8日(日)・9日(月)
場所:草津町総合体育館
担当:総務委員会
出席者:12名

□主旨
姉妹都市である草津町との交流を深める事。また草津町商工会青年部とも親睦を深める事を目標とし葉山町の特産品のPRを兼ねて吾妻郡主催の商工祭に参加します。

吾妻郡の商工祭に参加してきました。葉山を早朝午前3:30に商工会館を出発し9:00前に現地に到着しました。天候も良く準備も済ませ9:30にスタートしました。お客さんも葉山の特産品を楽しみにしていたようでスタートから昼頃まで人が絶えませんでした。午前中で全ての物が売り切れました。今年は、アジの干物・カマスの干物・釜揚げシラス・葉山コロッケ・焼き豚といった定番商品の他、キンキの干物・イカの一夜干し、日の出園さんのお茶といった新商品も販売しました。夕食後には吾妻郡(草津町・長野原町・嬬恋村・六合村)の青年部員と交流を深める親睦会に参加して久々の再会や新しい出会いもあり大変有意義な時間が過ごせました。草津例会を終えてSWITCHが入りました。来年度は沢山の部員に参加していただきみんなで心のSWITCHを入れたいと思います。

画像1画像2


■1月例会 新年会
日時:平成22年1月21日(木)
場所:茶屋本店・葉山鳥ぎん
担当:親睦交流委員会、発展交流委員会
出席者:21名

□主旨
SWITCHで始まった2009年も終わり2010年の一年目の例会として2009年に多数入って頂いた新入部員の方達との親睦をより深める場として新年会を行いました。

今年は横須賀中央の「茶屋本店・鳥ぎん」で行いました。
小池部長の挨拶で始まりたい所でしたが都合により欠席となり、小林副部長の挨拶でスタートしました。2010年最初の例会と言う事で新たな気持ちで青年部員同志今年一年間をどうして行くかなど熱く語り合いました。亀ヶ谷副部長の閉会の辞の後、最後は団結力を強める意味を込めて新倉監事の音頭で一本締めでお開きになりました。
画像1image画像2


■2月 研修例会
日時:平成22年2月22日(月)
場所:経営者福祉振興財団葉山研修センター
担当:情報委員会
出席者:17名

□主旨
直近の数年間は防犯関連の研修を行い、様々な活動を通して神奈川県警察から表彰をいただけるほどの成果を上げられました。本年の研修は3団体の共同研修として多くの参加者を募り、マーケティングの考え方についての研修を行うこととします。

それぞれの商売の特徴や優位性を考え、それを潜在顧客に対してアピールしていく方法を考える。商売にあったアピールの方法や、広告費の考え方も合わせて学びます。
講義は聴講者巻き込み型で行い、聴講者の業務内容や将来の展望などをもとに、本人では気づけないような商売の展開方法を講師と他の聴講者が考えます。あわせて広告の手法や広告費の費用対効果についても学び、明日から実践できるようなアイディアを持って帰れるようにします。

葉山町商工会青年部17名、逗子市商工会青年部9名、JC6名の参加をいただき、盛況のうちに研修例会を行うことができた。講師の山本先生の話も理解しやすく、マーケティングの意味や考え方について理解した。

画像1image画像2


■3月 家族例会
日時:平成22年2月28日(日)
場所:富士急ハイランド・時の栖
担当:親睦交流委員会
出席者:27名

□主旨
今回の家族例会は、日頃、青年部活動で家族に負担・迷惑をかけているので家族サービスと部員家族達との親睦を深める事で来年度も青年部活動に家族の協力、理解を得られる事を目的として行います。

当日は朝7:30に集合して出発となりましたが、道中雨が激しく降っており、御殿場から有料道路を走る頃には雪景色に変わっていき、屋外イベントの難しさを痛感する事態となりました。
しかし駐車場に到着すると雨も止み、お昼には快晴になり、日本を代表する山・富士山の偉大さを感じる事ができました。
子供達も大変楽しく遊んでいたようですので、もう少し長い時間滞在したかったと思いました。
夕方からは御殿場・時の栖に場所を移動して数百mにわたるイルミネーションを堪能する家族や温泉に入って癒される家族とみなさん普段の生活からスイッチした時間を過ごす事が出来たかと思います。参加していただいた部員の方、寒い中1日ありがとうございました。

画像1画像2