青色申告とは・・・
一般の記帳より水準の高い記帳をし、その帳簿に基づいて正しい申告をすることで 所得の計算などについて有利な取り扱いが受けられる制度です。
(1)青色申告特別控除
事業所得者と事業的規模の不動産貸付を行っている方で、正規の簿記の原則@に従った記帳をするなど一定の条件を満たす場合には、最高65万円を特別に控除することができます。なお、青色申告されている方は、事業所得の範囲内で10万円を特別に控除することができます。

(2)青色事業専従者給与
家族従業員に対して支払った給与も働きに応じた金額であれば、必要経費に計上できます。
ただし、必要経費にするには税務署へ届出書の提出Aが必要です。また、経費へ計上した場合は配偶者控除の対象から外れてしまいますので注意が必要です。

(3)欠損金の繰越控除・繰り戻し還付
事業所得などに赤字が出たとき、その赤字額を翌年以後3年間各年の所得から差し引くことができます。また、赤字の年の前年も青色申告された方は、その赤字額を前年の所得から差し引いて計算し、すでに納付している前年分の所得税を還付してもらうこともできます。

*@一般に言う複式簿記、又はそれに準じたもの
*A『青色事業専従者給与に関する届出書』を所定の期日までに提出

 
青色申告ができる方(対象者)
不動産所得・事業所得(農業所得含)・山林所得を生ずべき業務を行う方。
 
青色申告をするには
納税地の所轄税務署へ最初に青色申告をしようとする年の3月15日まで(その年の1月16日以後、新たに事業を開始した場合には開業後2ヶ月以内)に『所得税の青色申告承認申請書』を提出し、承認を受けて初めて確定申告書を青色申告書で提出できます。
ただし、申請書の提出期限を過ぎますと翌年分からの適用になります。
copyright(c) 2013 (一社)保土ケ谷青色申告会 All Right reserved.